2011年05月24日

そうだったのか!日本現代史

池上彰著 オススメ度☆☆☆☆

2001年発行の本ですが、ここ10年ぐらいの歴史ならなんとか分かるという方には役立つと思います。やっぱり「分かりやすい」。知識がない人に教えることほど難しいことはないと思いますが、長年子供にニュースを教え続けてきた池上さんは格が違う感じ。

テレビだといろいろ規制がかかるのか 若干歯切れが悪い部分も感じることがありますが、本を読むと結構ズバリと書く人なんですよね。その一方、判断が分かれる部分はきちんと各論を示すし、答えが出せない部分には はっきり「私には判断できない」と書く。すごく格好良いです。


第二次世界大戦
・沖縄で日本軍は住民を守らなかった
・鬼畜米英を信じるあまり、米軍に捕まりそうになると切羽詰った日本人の親は子を殺した
・ドイツは自らの手で戦犯を裁いた

政治トピック
・社会党は変わらぬ理想を持ち続けるという「自己改革の痛みがない」楽な道を取った
・中選挙区制は政党内競争も生むので利益誘導型になる
・立ったままで記者会見をした初めての総理は細川護煕
・1960年前後、沖縄には800発もの核兵器があったといわれる

自衛隊
・警察予備隊発足当初の意図は、国内の共産勢力鎮圧
・1976年裁判所は自衛隊の違憲性の判断を放棄

日本赤軍
・北朝鮮に渡った赤軍は金日成思想に染まる
・日本の経済援助を期待しているパレスチナ自治政府に対し、日本政府は赤軍支援を止めることを交換条件にした

高度経済成長
・道路特定財源は角栄のアイデア
・最初の国民車スバル360は、今の物価水準でいう600万円
・日本で最初のセルフサービスの店は1953年、青山の紀伊国屋

バブル経済
・大企業が直接金融に向かったので、中小企業の経営分析に疎い大銀行は土地担保のみを頼りに中小企業に融資
・バブルを抑えるため公定歩合の引き上げを予定していたが、ブラックマンデーでタイミングを失う。(アメリカへの遠慮?)


ラベル:歴史
posted by けん at 05:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

どうして私、片付けられないの?

櫻井公子著 オススメ度☆☆☆

起業家の中にはADHD(注意欠陥/多動性障害)の傾向が見られる方が多いようです。これはADHD専門クリニックの院長が書いた可愛い本。平易な言葉で書かれ、非常に親しみ易いです。もちろんADHDの方向けに書かれた本ですが、そうでなくても「片付けられない」「時間管理が苦手」という方には参考になるかと思います。

「自分を外から眺める『観察自我を育てる』」
・自分の個性、得手不得手を徹底理解する
・思考の回転数が突然変わることがある
・感情や衝動は自分自身でなく、コントロールの対象と考える

「常に優先順位を意識する」
・一つのことを集中して仕上げる

「整理整頓」
・消耗品などは保存数の上限を決める
・必要なものだけに囲まれる贅沢を知る
・モノを捨てることによって、無駄な買い物を思い知る

「時間や手間のコストを考える」
・早めに目的地に向かう

「良き理解者、仲間・居場所を見つける」

図書館で3ヶ月近く予約待ちでした。かなり人気の本みたいです。


posted by けん at 23:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

ADHDサクセスストーリー

トム・ハートマン著。オススメ度☆☆☆

『ADHD(注意欠陥多動性障害)を障害としてではなく、人類を農耕民と狩猟民とに分けた場合の狩猟民(ハンター)タイプの人たちの「個性」と捉える』というユニークな視線から書かれた本。

身近にADHDらしき人がいるので読んでみたら、自分にも思い当たるふしが多く、私自身もハンターなのではないかと思い始めました。起業家には多いようです。

初めの100p強で「ADHD=ハンター」論の説明やADHDの人がうまく生きていくヒントが書かれており、残りの2/3がADHDの人達の体験談「サクセスストーリー」に割かれています。

体験談の中には、一般的な「自己啓発書・ライフハック本」にも書かれている問題→解決策が多く、ということはハンター型の人は世の中に結構多いのじゃないかとも思えました。(あるいは「ADHD=ハンター」論は実はADHDを拡大解釈し過ぎ?)

抜粋
・コミュニケーション、人間関係のつくり方
・小さなことにかまけて、大きな目的を忘れない
・嫌なことを先延ばしにしない
・整理整頓法
・もの忘れを防ぐ
・メモの取り方
・集中力を上げる
・学校における学習法


上記のトピックに関する知識を既に持っていらっしゃる方は、最初の「ADHD=ハンター」論の部分だけ読むのもありだと思います。

ラベル:起業
posted by けん at 09:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

みかん狩り

友人の別荘にみかん狩りに行きました。農家が育てている訳ではないので、自然のままのみかんの木に どんなみかんが実るのかが分かりました。

黒ずんだみかんもあれば、メロンのように白い筋が網の目のようにかかっているものもあります。スーパーで売っているような、きれいなみかんは一握りでした。農家では多くの手をかけて、きれいなみかんを作っているのかと思うと頭が下がります。

みかん畑は丘の中腹にありました。木に登ったのも久しぶりでしたが、木の上から見た太平洋、大島の景色はとてもきれいでした。天気もとても良かった。みかんに当たる太陽光の量も、みかんのうまさの決め手です。人間は?
posted by けん at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

マイク・ネルソン著「頭のいい人の片付け方」

マイク・ネルソン著「頭のいい人の片付け方」
私は整理術の本を幾冊か読んでいますが、非常に良い本だと推薦できます。テクニックだけでなく、そもそも何故散らかってしまうのかという根源的な問題をきちんと説明してあります。いわく、
・ごちゃごちゃ問題は、単に「散らかしてしまう」ということではなく、人が抱えている心の問題そのものだからだ。

以下、印象に残った文章を、引用させていただきます。
≪散らかし屋にはプライドがある≫
・散らかし屋は、普通の人々よりも知性や想像力を持っているものなのだから。
・散らかし屋のほとんどは「風変わり」とか「変わっている」と、周囲から認めてもらいたがっている。
・誰もが、恐怖心に駆られ、何とかそれを追い出そうとして、散らかしてしまうのだ。上司、親、同僚たち。「○○しなさい」とあなたに言う全員が、その原因を作っているといっていい。

≪散らかし屋は完璧主義だ≫
・完璧主義は仕事を遅らせ、人をぐずぐずさせてしまうからだ。15分間もあれば出来るような書類整理に、何時間もついやしてしまったことがないだろうか。
・完璧なものなど、どこにもない。この整理術は、その中で最善へと一歩でも近づくためのものだ。

≪人生を変えるというくらいの決意を≫
・整理整頓は、自由を否定するものだと思い込んできてしまったのだ。
・問題は、私たちが後ろ向きに自分を見つめていること、問題の原因が心の中にあると気づいていないこと、過去のせいにしてしまっていること、そして正体の分からない不安を持ち続けているということなのだ。
・信念と恐怖心は同居することができない。だからまずは、自分自身をしっかりと信じてやらなくてはならない。
・必要なのは「整理法を変える」という意識ではなく、「人生を変える」という意識。

≪整理する前の心構え≫
・書類というのは、一度見てしまったら八割がた必要なくなる。
・どこから手を着けるか考えていたのでは、結局いつまで経っても手など着けないからだ。
・自分にこう質問してみよう。「この山をぜんぶ燃やしてしまったら、誰が困るだろう?」
・問題の解決には「もしかして、これには価値があるかもしれないから残しておかなければならないのでは・・・」という第六感を忘れてしまうことが必要。

≪整理するテクニック≫
・選択肢をせばめれば、すばやい決断を下すことができる。
・人からのメールは、不要な分を削り、要点を太字にしたり色を変えたりして、必要なものだけを残そう。
・上に載っているものをぜんぶ床の上に降ろしてしまう。それから洋服、書類、筆記用具、と分類し、あるべき場所へと戻していくのだ。
・整理のコツは、古い順にやっていくこと。というのは、古いものほど必要ないことが多いからだ。
・もしも時間のかかる仕事を任されたときはそれを短いいくつものセクションに分け、ひとつひとつを終わらせていこう。

引用終わり。
単なる整理テクニックの紹介ではなく、人生を明るく変えるヒントがたくさんあります。仕事の段取り力などのテクニックものっています。オススメ


posted by けん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。