2011年05月29日

あなたの話はなぜ「通じない」のか

山田 ズーニー著 おすすめ度☆☆☆☆

コミュニケーションを題材にした書籍は星の数ほどありますが、表面上のテクニックではなく 本質を見極めようという著者の姿勢が非常に感じられました。またコミュニケーションを語っているだけあって、分かりやすく 記憶にとどめやすい本の構成になっていたと思います。

抜粋
基本五箇条
1.自分のメディア力を上げる
2.相手にとっての意味を考える
3.自分が一番言いたいことをはっきりさせる
4.意見の理由を説明する
5.自分の根っこの想いにうそをつかない

自分に、伝えたいものがある(切実な動機)、伝えるだけのものがある(経験)、伝える技術がある(表現技術)時に通じる

・決めるとは他を捨てること
・相手が要らない情報はとことん排除する
・相手にとって身近な問いから始め、徐々に遠くしていく
・相手の意見がつかめたら、その理由を押さえる

・正論をかざすと自分のメディア力は下がる
・表現されない自己は無に等しい
・万人に分かるように言葉を尽くせば、論理もあたたかい

・上司と話すときは、上司と同じ問題を見て 共感するように

話の構成を決める
現状→問題発見→原因分析→解決への提案
提案→提案理由→提案内容→提案効果

噂を立てられている時の自分のメディア力は弱い
1.すぐに否定する
2.75日待つ
間違った噂への対策
・メディア力の高い人の助けを借りる
・根拠、証拠を用意する
・非は積極的に正直に認める
自分のコミュニケーションを根っこから見直してみたい方は是非

タグ:話す
posted by けん at 10:51| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

私はどうして販売外交に成功したか

フランク・ベトガー著 オススメ度☆☆☆

1964年初版。名著として読み継がれているらしい。
現代のビジネス書にもほぼ同じような記述が多くあることを考えると、現代の著者もかなり影響を受けているんだなあと感じられました。
そういう亜流を読むよりは、原典に当たった方が間違いが少ないかも知れません。
私自身は読む順序が逆になってしまったので、得るところが少なかった気がします。

・商品を売る前にアポ自体を売る
・注文取りと思われず、相談相手・友人と思われるように
・秘書に笑顔で接すれば、彼女はその笑顔を運んでくれる
・「相手の言う事は既に分かっている」という印象を与えない

・相手に問題を具現化させ、恐怖心を起こさせる
・あくまで相手の意見を尊重しながら、しかも相手がこちらの立場を承認せざるを得ない質問を次々とする
・一番重要な条件以外は相手に与える
・競合会社を褒める

・毎週一日、自分自身を整理する日を作る


posted by けん at 07:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

「聞く技術」が人を動かす

伊東 明著 オススメ度☆☆☆☆

目新しいという内容でもないのですが、きちんとまとまっているということで、チェックリスト的に使えると思います。

「つぎになにを話そうか」と考えていると、きちんと聞けない
「相手が話したいのは、きっとこんなことだろうな」「つぎの話題へ移る前に、なるべくこの話を深めよう」ということを、常に意識する
相手にその話題を続けさせたい場合、相手の話が終わりそうなところでオーバーラップするように相づちを打つ

会話の内容によって、相手との対面位置関係を変える
腕組みや相手側の足を上げる足組みは不安を表す
目線は2秒合わせて1秒はずす

「教えて下さい」と迫るのではなく、教えてもらえるかを聞く
相手に未来のイメージを描いてもらうように聞く
相手が今現在抱えている問題と、過去にクリアした問題の両方を目の前に示すとヤル気を引き出せる


こういうことは 指摘されてみれば当然ということが多いので、読んでいる瞬間はやってみようと思いますが、実際にやれるかどうかで大きな差が付きますよね。自分に当てはまるアドバイスを張り出すなど、実践するための工夫が大事ですね。

posted by けん at 07:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

カリスマ 人を動かす12の方法―コールドリーディング なぜ、あの人は圧倒的に人を引きつけるのか?

石井裕之著 オススメ度☆☆☆

以前、紹介した催眠術のかけ方と同傾向の著作。この方のコールドリーディング本はベストセラーみたいです。
催眠術とか占いとかは かなり苦手だったんですが、知識として知ってみると面白いもんですね。

抜粋
人を引きつける12の方法
「落ち着いて集中するテクニック4」
・走らない
・ゆっくり食べる
・今、この瞬間に集中する
・不安は、仮に態度に出てしまったとしても、決して口には出さない

「コミュニケーション・テクニック5」
・できるだけ意識して相手の右手側のポジションを確保する
・握手をするとき、左手を上に乗せて包み込む
・本物の笑顔
・相手を包み込むように見る
・頻繁にうなずかない、うなずくときにはゆっくりと深く

「話し方テクニック2」
・でも/しかし ではなく、だから/そして と言う
・自分が本当に信じているセリフ、あるいは信じ込めるセリフだけをしゃべる

「リーダーになるテクニック」
カリスマは謎めいていない、むしろ分かりやすい


コンシャス−アンコンシャス・ダブルバインド
『「意識して出来る」Aをすれば、「意識では出来ない」Bが出来るようになるよ。』とアドバイスをする。


人を褒めたり 叱ったりする時は、相手のタイプを知って それに合わせる。
「論理タイプ」
・大まかな指針だけ与えて、具体的なアクションは自分で決めさせて、実行させる
・褒めるポイントは尊敬
・感情を交えずに論理的に叱り、期待する

「体感タイプ」
・内容そのものよりも、温かく包みこむような感情を持って話す
・○○さんが褒めていたと伝える
・母親が子供を諭すように愛情を持って叱る

posted by けん at 17:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

スピード・ブランディング

鳥居祐一著 オススメ度☆☆

250頁ある割りにはちょっと内容が薄いかなという印象です。
タイトル・表紙から中身がイマイチよく分からないというのもマイナスでした。
会社ではなく自分をブランド化する、いわば「セルフ・ブランディング」について書かれています。ブログ・メルマガ・セミナー・出版等を通じて「自分を売る」方策が示されています。

・広告とは、信用のない人が他人の信用を買うもの
・ブランディングする時は、多分野をアピールして「この人はいったい何の専門家なのか」と思わせない
・メディアに露出するときは、どういう人達と一緒だとイメージアップになるのか? を考える(→目標とする人)

・90%に嫌われても、10%のファンを取りに行く
・出版部数を増やすため、アマゾンキャンペーン(期間限定の特典を出す)や、出版記念講演会で人脈作り、著名人の推薦文など、あらゆる方策を練る



posted by けん at 08:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。