2009年12月05日

人とロボットの秘密

堀田純司著 オススメ度☆☆☆☆☆

表紙がマンガなのでロボット萌え〜的な本なのかなと思ったら、超真面目な本で驚かされました。
ロボット開発者だけでなく、哲学者・神経学者・経験論者など幅広い分野の学者の説を裏付けに話が展開され、ロボット開発は「人間を知る」言わば哲学的な行為だということが分かりました。

抜粋
【ここから】
人間は自分の行動を意識しているが、自分をそれへ決定する原因は知らぬゆえに、自分を自由だと信じているということを教えてくれる(スピノザ)

一般的には感情がまず起こって、つぎに情動という体の反応が生まれると考えられがちだが、実は逆。悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しく思える。(アントニオ・R・ダマシオ)

肉体に対する心が人間を司っているのではなく、心も体も同じものの異なる表現でしかなく、自分の体の営みと、世界との相互作用のすべてが自分の意志である(スピノザ)

人間とは、思いもつかぬ速さで次々と継起し、たえず変化し、動き続けるさまざまな知覚の束あるいは集合に他ならぬ(デイビット・ヒューム)


・人間を運営し、そのふるまいを決定しているのは、体の中で様々なタスクを反射的に行なっている機能の集積。いわば各自が反射的にタスクをこなす無数の小人による集団の合議制。

人の個性とは体内の小人たちの結合のあり方であり、経験によって小人のあり方が変わり、意識のユニークさにつながる。
【ここまで、同じ内容の言い換えに近いですが、理解するのに非常に抵抗感を覚えると思われる概念なので羅列します。】


・キュービック・ニューラル・ネットワークとは階層的な抽象次元を自由に行き来して情報を扱う技術。情報がおかしくなり、違和感を感じ始めると、どんどん精密であっても適用範囲の狭い情報を捨てて制御するシステム。


・ロボットを人に似せるためには、「人間らしさとは何か?その原理」を見つけることが必要
・人間は弱い体を持っていて、怪我や死を恐れて生きているから人間らしい心を持つ
・ロボット開発のひとつの方向性:なにか単純なものを生み出して、それを環境の中において学習させる

・日本人がロボット好きなのは敗戦時の技術力への圧倒的な敗北感から?
・からくり人形の動力は、主にくじらのひげを使ったぜんまい

DNA解析もそうですが、ロボット開発も「人間を知ろう」という壮大な謎への挑戦につながっていると分かり、ますます興味が湧いてきました。


posted by けん at 18:54| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

現場力を鍛える

遠藤功著 お勧め度☆☆

例として挙げられている企業が余り好きではないというのもあってか、好意的に読めませんでした。ただし平易な文章なので、すらすら読めます。どうもMBAプログラムの時からそうですが、私はオペレーションという分野に興味を持てないみたいです...

抜粋
・コンサルティングで結果が出るのは、現場が当事者意識を持っているかどうか
・戦略とは所詮 仮説
・一部上場2002年度の決算を見るとニッチャーの利益率は業界リーダーよりも高い利益(11.4% vs 7.4%)
・「二律背反克服の精神」 通常両立が困難と思われる指標も何とか同時達成の方法を模索してみる
・本来やるべきではない業務を効率化しようとするほど非効率なことはない(ドラッカー)
・営業は失注報告書を書いて、プロセス改善に努める



posted by けん at 08:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

採用される転職者のための面接トーク術

小島美津子著 お奨め度☆☆☆

転職活動中ではないのですが、業界研究用に読んでみました。ページ数は157ページとコンパクトですが、内容はぎっしり詰まってます。転職者が気になっている点に各々模範回答が示してあって、分かりやすい内容になってます。

抜粋
・最初の5分で大体決まる
・話し上手や実力が採用を決めるわけではない
・中途採用の定期募集も増えている
・面接担当官に感謝・好意を持つ
・一時面接は不適格者を除くのが目的
・自分が特殊商品の販売をしているつもりで応対
・NGワード:
「ステップアップ、御社のような小さな会社、前職で限界を感じた、社風、やる気、やりがい、憧れ、学びたい、事業内容に興味、人と接したい、残業量」
・「興味がある」だけではなく、個人的な体験を語る
・昇給額ではなく、昇給基準や査定方法を聞く


主な対象者は女性のようですが、ほとんどのアドバイスは男性転職者にも当てはまると思います。

タグ:人事
posted by けん at 06:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

お客様はえこひいきしなさい

高田靖久著 お奨め度☆☆☆

CRMなどの専門書には小難しいことも書いてありますが、この本の主張「利益の大部分をもたらすのは一部の優良顧客。その方達に全力でサービスする」という考えはシンプルでしかも効果が見込めると思えます。

・ファン(優良顧客)はセールを利用しない。セールを利用する客は金の切れ目が縁の切れ目
・ポイントカードがあふれる昨今、カードは差別化にならない
・特定の社員ではなく、会社全体で顧客を認識するシステムを作る
・ファンの来社が決まったらスタッフ総出で対応する
・ファンの誕生日には自宅に花を
・心のひいきを中心に、金銭的なひいきも忘れない
・DMは優良客だけに、マスにはメルマガで情報発信


「全てのお客様に最高のサービスを」というのは聞こえはいいですが、現実に企業リソースは有限である以上、相思相愛になれる顧客との関係に焦点を絞ることは意義があると思います。

タグ:CRM 顧客管理
posted by けん at 23:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

本当のCSって

数値では測りきれない顧客満足度(CS)をこういうエピソードから考えてみる。

http://nako.cocolog-nifty.com/nakolog/2004/10/post_7.html
posted by けん at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。