2006年05月22日

(映画)歓びを歌にのせて

いい映画を観たので感想を。

私が小説や映画の一つの大きな要素だと思う「人生の1カットを見せて、
その人生全体を醸し出す」という点についてとても成功している映画だ
と思います。

こう感じるのも、主人公に共感できる部分が多かったことが原因のよう
な気もします。
posted by けん at 11:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

にきびとり

BarGraffiti2078.jpg

何か気になったものを合わせたんでしょうね。左の文字は読めないし。「にきびとり」ってどこから拾ったんだろう。クレアラシルが捨ててあったのかなあ。御馴染みバルセロナの壁書き。
posted by けん at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

反米マンガ

BarGraffiti1180.jpg

相当アメリカが嫌いなんでしょう。バルセロナの落書き。
posted by けん at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

そこのところ

書けないのか。書かないのか。最近の投稿は酷い。誰に言われなくても分かる。

長ければいいもんでもない。短くインパクトのある投稿さえ難しい。さてどうするか。

要は本を読み切れていない。面白い本がない。おかしいな。読むものの力量。

それはそうだ。読むものが本の価値を決める。見るものがテレビの価値を決める。

見るものが景色の価値を決める。見るものが。

そうです。見るものが、ものの価値を決めるんです。
posted by けん at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

壊れたバイクで惹きつける

Firenze0057.jpg

フィレンツェで見た喫茶店の前にある、炎上したバイクです。確証はないのですが、事故後時間が経っているように見えました。とするとわざと そのままにしている気もします。オブジェとして店頭において、客を惹きつける作戦? 日本じゃ無理ですね。
posted by けん at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。