2005年11月27日

失敗学

最近失敗学の本をたまに見かけます。「失敗の本質」という本は、日本軍の太平洋戦争での敗戦の原因を詳細に研究したもので、経営学の参考書としても非常に有用と評価されています。

なぜ失敗学が大切なのか。これは、成功体験から学ぶことより、失敗体験から学ぶことの方が大きいからです。たまたまうまくいった経験を「俺は頭がいい。実力がある。」と過信して あぐらをかいていると、その成功の前に行なった準備さえしなくなり、連戦連敗につながります。

失敗は嫌なものなので、早く忘れようとか、隠そうという意識が働くのは自然なことですが、逆に失敗をポジティブに捉え、「この失敗からここを学んだ。今度はこうしよう、ここを改善しよう。」と考えることで、成功に近づいていくのだと思います。

管理職の人が陥りやすい「失敗」として、自分の成功体験に基づく思考・行動を部下にも強要するというものがあります。人によって成功に向かっての方策は様々であり、それは本人の得手不得手に大きく係わってくる部分です。

しかし自分はこれで失敗したという告白をしてくれる上司のアドバイスは、比較的受け入れられやすいと思います。成功への施策は人様々でも、失敗の原因は共通するものが多いからだと思います。

また 部下の失敗をこっぴどく叱る上司に対して、部下は失敗を隠そうという意識が働きます。結果 問題の根本原因が表面化せず、後で大問題に発展するという事態陥る危険が高くなります。

「失敗から学ぶ。」言い古された言葉ですが、「言うは易し 行なうは難し。」ですね。


posted by けん at 22:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。