2005年10月31日

松下 芳生著(トーマツ)「ITコンサルティング」

まあまあの内容。特に目新しさはない。以下、修正を加えた抜粋。聞いたことがない内容が多ければ、読んでみるのもいいかも。

全般
・業務の変更、人のアクションが伴わない情報システム導入は失敗する。
・メンテナンスが出来ない情報には価値がない。
・インタビューの最後には「問題意識が高い」「関連知識が深い」人の紹介を頼む。
・評価尺度はプラス面だけでなく、マイナス面をも評価できるように。
・クライアントに自分の力で変革を続けていく力をつける。
・一般論なら本を読めばいい、個別案件に合わせる必要があるから、コンサルが要る。

提言について
・実行計画は「担当者が自分の担当するタスクを作業イメージに具体化できるレベルまで」細分化すべき。
・満足度を上げると顧客は何社増えるのか、満足していないがゆえに仕事をとれていないと思われるお客様は何社あり、そこがお客様になれば年間1社当たり何万円買ってくれるはず、というのも提案の一種。
・意思決定をして、決裁が終わったら、次の一歩はこれですよという提言を行う。
・クライアント担当者の権限が縮小したり、担当者が行ったことを否定するような提言が出そうな場合、協力をあおぐのは困難。

プレゼンについて
・プレゼン4要素:理解できる、信用できる、役に立つ、おもしろい。
・スピーチの組み立て4パターン:Need-Plan-Advantage(必要があって、プランがあって、どういうアドバンテージが生まれるか), Goals-Criteria(ゴール設定をして、それを達成するためにはこれをやらないといけない), Comparative Advantage(比較するとこっちがよい), Effects Oriented(これをやればすべてよし)
・何が重要で、何が瑣末かを示す。

顧客の声
・例外に対応しようとしすぎると、大胆な変革が、いつの間にか現状の改善案程度になってしまう。またシステムが複雑化し、動作が不安定になる。
・クライアントが暗黙の内に持っている価値観を疑う。
・クライアントにとっての重要度の順位は、将来的に変わる可能性があるのかをチェック。
posted by けん at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。