2005年09月29日

メモ術

仕事が出来る人の中にはメモ魔といわれている人たちがいる。一方、「せっかく思いついても、すぐ忘れてしまう。」「後でまとめて書くからいいやと思って忘れてしまう」ということは 誰にでも経験のあることだと思います。でも 一日ひとつメモを取り忘れただけで、一年で365個のアイデアをなくしたことになってしまいます。
メモを取らなくても 後で思い出せることもあります。しかし 努力せずに思い出せればいいのですが、思い出そうとして頭をひねり時間を無駄にしてしまうことは できれば避けたいものです。
ではどういった仕掛けが可能か? ということですが、単純なことです。「常にペンと紙を身に着ける」たった これだけを心掛けるだけでも、随分違ってくると思います。書くものがないばっかりに、「後で書くからいいや」になってしまいがちです。
もう一つ、「ものを読むときに常にペンを持つ習慣をつける」ということです。新聞・雑誌・専門書・パンフレット・小説、どんなものでも読むときには ペンを持ち、見直したい箇所には線を引き、思いついたアイデアはそこに書いてしまう。本を汚したくないという方も多いと思いますが、これは出来れば吹っ切ることをお勧めします。高額の絶版本でもない限り、本を汚さないことのメリットはあまりないと思います。古本屋に売れなくなることを心配される方は、ポストイットをお勧めします。
でも歩いている途中など、どうしてもメモを書きにくい状況もあると思います。これを解決するためには、ボイスレコーダーを携帯するというワザがあります。歩きながら携帯電話で話をする人がいるのだから、ボイスレコーダーに話しかけながら 歩く人がいてもいいと思います。
最後に、これらのメモを集める作業は非常に重要です。せっかくメモをとっても、それが分散して どこにあるのか分からなくなってしまえば、書いていないのと一緒になります。一日最低一回はメモの棚卸を行いましょう。この際に、いつも同じ場所に集める癖をつけることが大事です。
メモには 大きく分けて、しなければならないこと(To Do)と思いついたこと(アイデア)があると思います。To Doをメモ蓄積ノートの最初から、アイデアはノートの最後から書いていけば、いつも1冊にまとまります。パソコンであれば、To DoをMicrosoft Outlookなどにまとめる、アイデアはFreeMindなどのソフトウェアを使ってマインドマップにする、などの方法が考えられます。
To Doはさらに期日と重要性を加え、スケジュールを立てる。アイデアは1週間後に一度、1ヶ月後にもう一度、一年後にもう一度 見直すことによって、考えが広がっていくと思います。
以上は、あくまで私の方法であって、いろいろなアレンジが考えられると思います。皆さんのお勧めの方法があれば、是非、コメントして下さい。
posted by けん at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。