2011年05月29日

あなたの話はなぜ「通じない」のか

山田 ズーニー著 おすすめ度☆☆☆☆

コミュニケーションを題材にした書籍は星の数ほどありますが、表面上のテクニックではなく 本質を見極めようという著者の姿勢が非常に感じられました。またコミュニケーションを語っているだけあって、分かりやすく 記憶にとどめやすい本の構成になっていたと思います。

抜粋
基本五箇条
1.自分のメディア力を上げる
2.相手にとっての意味を考える
3.自分が一番言いたいことをはっきりさせる
4.意見の理由を説明する
5.自分の根っこの想いにうそをつかない

自分に、伝えたいものがある(切実な動機)、伝えるだけのものがある(経験)、伝える技術がある(表現技術)時に通じる

・決めるとは他を捨てること
・相手が要らない情報はとことん排除する
・相手にとって身近な問いから始め、徐々に遠くしていく
・相手の意見がつかめたら、その理由を押さえる

・正論をかざすと自分のメディア力は下がる
・表現されない自己は無に等しい
・万人に分かるように言葉を尽くせば、論理もあたたかい

・上司と話すときは、上司と同じ問題を見て 共感するように

話の構成を決める
現状→問題発見→原因分析→解決への提案
提案→提案理由→提案内容→提案効果

噂を立てられている時の自分のメディア力は弱い
1.すぐに否定する
2.75日待つ
間違った噂への対策
・メディア力の高い人の助けを借りる
・根拠、証拠を用意する
・非は積極的に正直に認める
自分のコミュニケーションを根っこから見直してみたい方は是非

タグ:話す
posted by けん at 10:51| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/205495477
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。