2009年12月02日

企業を高めるブランド戦略

田中洋著 お勧め度☆☆☆☆

MBAでのマーケティング論の中にブランド論も入っていましたが、専門的に深くやらなかったので、この本からいろいろ学びがありました。
マーケティングの専門家には物足りない内容でしょうが、初心者が「ブランド戦略って何?」というのを短時間で学ぶにはいい本だと思いました。

抜粋
・ブランド価値マネジメントとは「長期的に売れ続ける環境を作り出す」こと

・マスに頼らない3プロモーション法
「重要なキーパーソンにコミュニケーションを集中させる」
「新プロモーション手段を開発」
「店舗のような直接顧客と触れ合う場所を最大限に活用する」

・優れたブランドであるほど、製品カテゴリーとは関係ないポジショニングを取ることが可能
・伸びると見られているチャネルは多くの場合、取引条件が厳しい

・われわれがモノを見るときは、ナマの事実ではなく、常に何かの知識や期待を持ってモノを見ている
・アンケートでは「言いやすい」属性を重要なものとして挙げるというバイアスがかかる

・キッコーマンは醤油メーカーのワインというイメージを消すため新ブランド「マンズワイン」を立ち上げた
・スターバックスには「店内で自分が見たくない人達を見ないでもすむ」からという来店理由もある


次はアーカーさんの本でも読むか...

posted by けん at 11:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。