2006年05月22日

(映画)歓びを歌にのせて

いい映画を観たので感想を。

私が小説や映画の一つの大きな要素だと思う「人生の1カットを見せて、
その人生全体を醸し出す」という点についてとても成功している映画だ
と思います。

こう感じるのも、主人公に共感できる部分が多かったことが原因のよう
な気もします。
posted by けん at 11:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。